横滑り ごめんの家
設計・山本長水
(山本長水建築設計事務所)


 
電気回路に過剰な電流が流れるとブレーカーが作動して器機の安全を守る。このような安全弁の機能は建築にも有った方が望ましい。ここでは土台の下の基礎の部分に磨いた御影石を上下ペアで使用し、建築基準法の決める極めて希に起こる地震動(約400ガル)を越える力が掛かるとこの部分が横滑りしてそれ以上の力が建物に加わらないようにするメカニズムが使われている(矩計図参照)。

 ヒノキは一般的にスギの2倍の価格であるが、この当時ヒノキの市価が異常に安くなっていたので、特別に総ヒノキ造りにしている。但し大断面の梁材は高価になるので、胴差しは120角材の2段重ねを使い、床梁は曲がり材のタイコ落とし材を活用して経済性にも留意している。(山本長水)

横滑り ごめんの家
横滑り ごめんの家
横滑り ごめんの家
横滑り ごめんの家
土佐派ネットワークス
横滑り ごめんの家
ギャラリー一覧へ