土佐漆喰
「土佐派」の技と恵
土佐和紙
土佐杉・桧
土佐派の理念や特長はこちら
土佐派ネットワークス宣言
県外の皆さまへ
土佐派は高い?
土佐派の家ホームページへ
「土佐派」のものがたり
土佐派ネットワークス
土佐派
トップページへ

 藩政時代から土佐は最良質の石灰の産地として知られ、桂離宮などの文化財修理に使われてきました。また吹き降りの雨が強いことから、その雨に負けない優れた土佐漆喰が発達しました。












 現在でも高知では内外壁ともこれで仕上げるのが一般的ですが、とりわけ外壁の土佐漆喰は雨にとても強い点で他県にはあまり例がなく、この伝統の真っ白い壁の美しさと重厚な質感が私たちの提供する住まいを印象深いものにしてくれています。















 「水ごね十年、糊ごね一年」という言葉があります。水だけで練った漆喰の壁はコテさばきが難しいので十年の修業がいるが、糊を入れると一年の修業で同じような出来栄えの壁が塗れるという意味です。他の地域の漆喰が糊ごねであるのに比べて、土佐漆喰は水ごねであることが素晴らしいのです。

漆喰を塗る左官
土佐派ネットワークス
土佐和紙
「土佐派」の技と恵  −土佐漆喰−
住宅外観
住宅内観
住宅外観
建築家
施工会社・協力会社など
家づくりの流れ
建築家の独り言
住宅作品集