土佐派ネットワークス
土佐派
トップページへ
建築家
施工会社・協力会社など
家づくりの流れ
建築家の独り言
住宅作品集

 高知県は良質の杉、桧の一大産地ですが、私たちは比較的安価な良質のスギをよく使います。それも燃えにくく、腐りにくく、狂いにくいといわれる秋期の新月(下弦の月から新月までの7日間)に伐採された木材を自然乾燥して使うことを理想としています。これは3世代、百年以上もつ良質の長寿命住宅を比較的ローコストでつくる素直な手段でもあります。











 力強い木の骨組みは空間を引き締め、湿気をコントロールして快適な室内環境をつくってくれるし、無垢の木が放散する香りや心地良い音の響きも楽しめます。また骨組みをそのまま見せるので大工は手を抜くことがなくすぐれた職人技を楽しむことができます。














 私たちが設計の基本とする伝統木構造(伝統的軸組構法)は通貫(とおしぬき)を中心に柱を貫通する水平材を多用して柱を主構造に活かし、架構そのものを意匠化したいわば木で籠を編んだような構造です。そのため大きな地震力がかかっても“柳に風”と受け流す柔軟性をもっており、きわめて安全性が高く高耐久性をもっているのです。

木材
土佐派ネットワークス
大工
住宅内観
住宅
木造住宅
土佐杉・桧
「土佐派」の技と恵  −土佐杉・桧−
土佐杉・桧
土佐派ネットワークスとは
「土佐派の家」ホームページへ
土佐和紙
土佐漆喰
「土佐派の家」の理念や特長はこちら
土佐派ネットワークス宣言
県外の皆さまへ
土佐派は高い?
「土佐派」のものがたり
土佐派の家ホームページへ