土佐湾を望む家
土佐湾を望む家
設計・松澤 敏明
(徳弘・松澤建築事務所)


 
土佐湾を望む高台に建つ家です。風光・眺望の良さを楽しむには、開放的で内外が呼応する造りがのぞまれます。しかし自然は時に荒々しく姿を変える苛酷な一面も持っています。この場所に建ついえは、開放的で、なおかつ充分な強さを持たなければなりません。

■大断面の柱・梁・丸太を手刻みで加工し、組んだり架けたりする伝統的木構法とそれを担う職人技でつくられた家は、大きな開口がとれ、丈夫で長持ちします。

■家をつくる部材は、杉・漆喰・和紙という、長年使いなれ安心が確かめられた素材です。

■軒下空間をはさみ中間領域の充実を計っています。内と外を断つのではなく、内外を緩やかに連続させる住環境は、心身ともにくつろぎをもたらしてくれます。

 長年培ってきた作法と手法を、くらしに反映することがそれぞれの家づくりです。(松澤敏明)

土佐派ネットワークス
ギャラリー一覧へ
土佐湾を望む家
土佐湾を望む家
土佐湾を望む家
土佐湾を望む家
土佐湾を望む家
土佐湾を望む家